後頭部の臭いはミドル脂臭?

体臭にもいろいろある

人間の体から発せられる臭いにはいろいろある。
最も身近なものは汗の臭いだろう。
そのほかにも、足の臭いや強烈なワキの臭い(腋臭)、口臭などがある。

これらの臭いは、清潔に保ってないから臭くなるというわけではないものがある。
いわゆるワキガ(腋臭)は、不潔であるとか病気とかではなく体質なのだと聞く。
もちろん病院に行けば、手術などの治療でかなり改善されるらしい。

また、興味深いことに、歳をとってくると臭いがでてくるものもある。
加齢臭やミドル脂臭だ。
これらは家族が洗濯物を別にして洗いたくなるような臭いなのだ。

では、このサイトのタイトルにある後頭部からの臭いとは何なのか?
これについて話をすすめたいと思う。

 

後頭部のニオイはミドル脂臭らしい

後頭部が臭う特徴を持った体臭は、おそらく「ミドル脂臭」だと思う。

ミドル脂臭が臭いだすのは、30代後半~40代後半だという。
俺の年齢に当てはまっている。

その発するニオイというのが「使い古した油みたいな」ニオイなのだ。
これは頭のてっぺんから後頭部、そしてうなじといった部位が臭いの発生源になっている。

頭や後頭部は、仕事をするにしても衣類で覆うことが難しく、臭いをごまかすことが難しい。
ときどき、服を着ていても臭いを発する人もいるから、この発想はダメなのかもしれない。

こんな悩みを抱えているわけだからネットでいろいろ調べてみた。
ミドル脂臭や加齢臭についてわかりやすいサイトがあったのでリンクしておく。
他の臭いについても書かれていたので参考になることだろう。

 

ミドル脂臭で困ること

おそらくミドル脂臭は後頭部付近から臭いはじめて、頭にかく汗とともに臭う範囲を広げているのではないだろうか?
後頭部から臭いを発していて困るシチュエーションは日常生活の中に沢山潜んでいる。

①混み合っている電車の中
②複数の人が乗り込んだエレベーター
③理髪店
④人で混雑する初詣
⑤映画館
⑥現場に出るときにかぶるヘルメット
etc…

自分の臭いでうわさ話なんかされていると思うと、人に合うのもイヤになってくる。
毎日通う職場でそんなことになっていると思ったら、仕事に行きたくなくもなる。
そんなことは言っていられないから、ミドル脂臭の臭いを消そうと必死になる。
そんな繰り返しに疲れてしまう。
いっそのこと、人とあまり合わない仕事に転職したいくらいだ。
そうは言っても…だが…

俺はミドル脂臭だが、足の臭いや汗臭さなどで困っている人も似たところがあのだろう。
この臭い問題何とかならないのかなぁ。

 

ジアセチルについて

ジアセチルってなんだ?

「ジアセチル」って聞くと、人の体とは無関係なネーミングに感じる。
でもこれがミドル脂臭の素なのだ。
汗に含まれている「乳酸」とやらが菌に分解されてできるらしい。

正直よくわからん。

 

シャンプーの話

ミドル脂臭に効くシャンプー

後頭部が臭うと言われ、俺はがむしゃらにシャンプーで頭を洗っていた。
ところが、どんなシャンプーでもいいというわけではないらしい。
シャンプー選びには、「ジアセチル」を落とせるかどうかが重要になってくる。
だから、ドラックストアで買うときは、ミドル脂臭をケアできる宣伝文句があるかを注意している。
あとはネットで良さそうなものを探している。

「ジアセチル」に有効なのは、植物エキスらしい。
桂皮エキスや甘草エキスとやらだ。
何だか漢方で使用される生薬みたいだ。

シャンプーなんて、一人で1本使い切るのに1ヶ月とかかかるだろう。
だから商品棚にあるものを順に買っていくようなことはできない。
結構な値段もするし、俺にとっては大問題だ。
家族で使えるシャンプーでミドル脂臭を消してくれるものがあればいいけれど、うちの女性陣はやっぱり女性向けの香りとか髪触りを重視しているらしく、俺の小遣いから捻出しなければならない。

俺は思う。
いつかうちの女性陣が頭とかの臭いで悩むときがきたなら、俺は何も言わずシャンプー代や石けん代をだしてやろう。
こんなこと言っていること自体が器のちっちゃさを露呈しているが、そんなかでも器のでかいところを粋がってみせてやろう。

 

スメハラ

スメルハラスメント

スメハラとかいうやつは臭いを発している方が加害者的な立場になるみたいだけれど、臭いで迫害されている弱者だっているんだよ。
俺だって好きこのんでミドル脂臭振りまいてるわけじゃないんだよ。
そこんところわかってほしい…

最近では、ごみを収集してくれている方たちに心無い言葉をぶつけている人もいるようだ。
俺は感謝しているよ。
だってさ、確実に人様のお役に立ってくれている仕事だもんな。

話しがそれてしまったか。
そうだスメルハラスメントだ。
自慢げにいい香り振りまかれるのは面倒だけど、自分の臭いコンプレックスを何とかしたいがために強い匂いに頼っている人もいるかもしれないって思ったんだ。

結局は人の事情なんて分かってもらえないことが多いけれど、逆にどうしたらいいのかを教えてほしいとも思う。
俺なんかは、服も髪型も靴までもわりと無頓着な方だから、うまく身だしなみを整える方法とかって学ばずに生きてきてしまった。
でもさ、臭いのことだって集団生活では無視できないってことはわかっているんだ。
せめて、うちのなかでひとりでも親身になってくれる人がいたらなぁ。

そんな弱音も吐いていられないから、まずはミドル脂臭にあうシャンプーを探し出そう。

 

驚いた!女性でもあるんだってミドル脂臭

驚いたよ。
最初に紹介したサイトの記事を読んでいたら、ミドル脂臭は男だけの問題じゃないみたいなんだ。
割合でいったら圧倒的に男の問題なんだろうけれど。

今回はそれだけです。